部屋の方位はどこ向きがいいのか?

 住宅を購入する時や、賃貸物件を探す際に、部屋の方角を気にするという方は少なくありません。風水などの占い的な事柄で気にする方も多いと思いますが、単純に住み心地を考えて方角を気にするという方もいらっしゃるでしよう。
 一般的には、南向きの物件が人気といわれています。その人自身のライフスタイルにもよると思いますが、どの方角にもそれぞれのメリットがありますので、自分に合った方角を選んでみてはいかがでしょうか。

北向きだからと敬遠しない

 部屋を探す時に、北向きだけは絶対に避けたいという方も多いのではないでしょうか。北向きの物件は、陽射しが入りにくいため、一日中暗くて湿っぽいというイメージがあります。しかし、北向きだからといって悪いことばかりではありません。直射日光が入ってこないということは、一日中安定した明るさと室温を保てるので、パソコンを扱う事務所などには最適といえます。特に、日光に弱い商品を取り扱う本屋などには北向きの物件が好まれる傾向があります。

南向きの部屋だからと安心しない

 南向きの部屋だからと、安心して物件をよく見ないまま決めてしまう方もいらっしゃいます。南向きは陽射しがよく入りますが、ひさしがないと直射日光が一日中入ることになります。夏場に直射日光が入り続けると、部屋の室温はかなり高くなるため快適とはいえません。例え南向きでも、ひさしは必要不可欠です。
 また、せっかくの南向きでも中層階のマンションの場合、南側に広いバルコニーなどがあると上階のバルコニーがカサになって思うように陽射しが入らないこともあります。南向けの物件を見つけた時は、日光の入り具合やひさしの有無も確認するようにしましょう。部屋の方角というのは、住む人の生活習慣でも適するかどうかが変わります。人気のある部屋の方角に惑わされず、自分に合った物件を探してみることをおすすめします。

貸家やマンションなどの物件をお探しの方はいらっしゃいますか?
不動産青森ドットコムは、青森県の不動産情報を数多く取り扱っております。
青森県内の主要都市で、きっと気に入る物件を見つけることができます。青森県で物件をお探しでしたら、ぜひ不動産青森ドットコムをご利用ください。