中古住宅購入のメリットとは

 中古住宅には様々なメリットがあり、マイホームを購入する際に選択される方も増えてきています。マイホームといえば新築というイメージが強い方も多いと思いますが、なぜ中古住宅を選ばれる方が増えているのでしょうか。

価格が安い

 土地付きの中古住宅は、新築一戸建てに比べて購入費用を安く抑えられます。
 建築年数や条件にもよりますが、同じような立地の新築物件より3~5割安く購入できるのは大きなメリットです。費用が安ければ住宅ローンの負担も軽くなるので、返済期間も短く済むでしょう。
 また、建築年数が20年を超えると不動産価値が下がることは少なくなるので、万一転売する場合でも値下がり率を低く抑えられます。さらに、すでに現物があるので何度も現地見学を行い、実物を見て購入するかどうかを決められます。

物件数が多い

 中古住宅の物件数は新築物件より多いので、住まい選びの幅が広がります。
 特に立地条件や利便性に優れた中古住宅が多く、通勤や通学を重視した物件選びをお考えの方にもおすすめです。

リノベーションでライフスタイルを満喫

 購入した中古住宅に改修工事を目的としたリノベーションを行うと、自分のライフスタイルにあった住まい作りが可能です。間取りやデザインを変え、システムキッチンやインテリアなどを取り入れるだけで、部屋の雰囲気がガラリと変わります。
 日本における空き家数は増加し続け、今後も中古住宅の注目度は高まっていくと予想されます。一定の要件を満たせば、住宅ローン減税や補助金給付などの優遇措置を受けることも可能ですので、ぜひご検討ください。

不動産青森ドットコムは青森県における売家など、中古住宅の不動産情報を豊富にご用意しています。県内八市(青森市、弘前市、八戸市、十和田市、三沢市、五所川原市、つがる市、平川市)の中古住宅をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。